• 矯正治療後の保定装置(リテーナー)の種類について教えてください

    保定装置は大きく2種類です

    矯正歯科治療はブラケットを外したらお終いではありません。ブラケットを外してすぐのうちは、骨がまだ固まっておらず、ほうっておくと歯が元あった位置に戻ろうとします。せっかく綺麗にした歯並びとかみ合わせは、崩れないように保定装置(リテーナー)を使う必要があります。保定装置は大まかに分けると2種類あります。

    1. 取り外しができるマウスピースタイプ
    2. 取り外しのできない、歯の裏に接着するワイヤータイプ

    マウスピースタイプ

    マウスピースタイプリテーナー

    取り外しができるので、清掃性が良いです。ただし少し大きいため、慣れるまでは異物感があります。上の写真の形が一般的なもので、表側にワイヤーが見えるので、気になる人には…

    QCMリテーナー

    こんな審美タイプもあります。ですが若干耐久性で劣ります。

    歯の裏側に接着するワイヤータイプ

    フィックスドリテーナー

    細いワイヤーを歯の裏にに接着します。細い分、わりとすぐに慣れて違和感も少ないです。ただ、外すことができないため、しっかり歯磨きをしないと汚れが残ってしまいます。デンタルフロスは通りませんが、歯間ブラシが使えます。

    どちらを用いるかは症例によります。併用する場合もあります。
    患者さんが選択できる場合もありますので、担当医と相談して自分に合った方を選択しましょう。

初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください
045-620-6552
平日10~13:30/15~20時 土日祝9~12時/13:30~18時
休診:木曜 *学会・出張等により臨時休診有

カウンセリング予約無料メール相談

診療時間

横浜駅周辺地図
〒221-0835
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1
谷川ビルディングANNEX館4F

「横浜駅」西口徒歩3分

お車の方は谷川ビルの無料駐車場をご利用ください。